2017年10月11日

青木良太と言う陶芸家について


陶器を制作する陶芸作家達の展示でひときわ目立つ陶芸家が居る

東京南青山で個展をしてる青木良太だ。

彼は超売れっ子陶芸家として多治見を代表するリーダーだ。
テレビ出演した情熱大陸で一躍有名になり、多くの弟子を抱えるようになった。

釉薬の研究を天職としている制作スタイルと創作意欲に溢れた情熱は、髪の毛をセットする時間さえも惜しまない。

青木良太の座右の銘は陶芸と心中するというクレイジーな信念であり、代表作は皇帝のワイングラスという器である。

ターバンは、自分の本質を隠すために身に着けたものであり、その奥に真の姿が存在するが、その姿を見たものは嫁しか居ないという。

美濃焼の産地で修行中に「イケヤン☆」という陶芸家集団を立ち上げる構想をしたが、現在では下火となり失敗に終わっている。

青木は適当に成形した土に釉薬の研究により完成した成果物をぶっかけるスタイルの陶芸作品を展開し、過去のイケヤン個展は大盛況であった。
高級感あふれる器が嫌いな青木良太は「イケイケヤング陶芸家」の集団とともにその伝統を破壊している。

posted by 陶芸家であるブサヤンが本気で日本を変える at 14:47| 日記 | 更新情報をチェックする